Support

image photo
image photo

Safety Net

一人ひとり、いつまでも、自分らしく暮らしていただけるように。
大学病院・クリニックとの連携や、看護職員の日中常駐、訪問介護事業所の設置等、
万全のサポート体制を整えております。

Family Nursing

マンション内に常駐している看護職員が、お住まいの方々の健康について様々なお悩みにお応えします。

  • かかりつけ看護

    ご希望の方には看護職員(日中常駐)による健康相談を承ります。

  • 緊急時対応

    体調が優れない際はご相談を承ります。

    医療機関などの紹介

  • 医療機関との連絡

    連携する医療機関や近隣医療機関との連絡・調整を実施。

  • 看取りまで対応

    最期まで住み慣れた場所で暮らしていけるように、看取りのケアにも対応しております。

image photo
image photo

Long-term Care

訪問介護に対応。訪問介護員(ホームヘルパー)等がお部屋を直接訪問して、身体介護や生活援助を実施。
夜間を含む24時間の援助が可能です。※1

※1 一部有償オプションとなります。スタッフにご確認下さい

image photo
image photo

Medical Connection

お住まいの方の健康情報について医療機関と共有しながら、
必要に応じて様々なアドバイスやサポートを実施します。

image
  • image photo
    image photo

    人間ドック優待

    入居時に杏林大学病院にて人間ドックを無料で受けることができます。

    ※別途有償オプションがございます。スタッフにご確認下さい。

  • image photo
    image photo

    医師による出張連絡相談

    月1回、医師がCANVAS南大沢に訪問し希望者に対して健康相談を行います。また、地域の医療機関「医療法人社団永生会」等と連携し訪問医療のサービスも利用することができます。

    ※詳しくは、スタッフにご確認ください。

  • image photo
    image photo

    新川すみれクリニックと提携

    24時間いつでも、担当医師に施設職員(コンシェルジュ)を経由し医療相談ができます。

自分の居場所、自分の住む場所を自分で決める。
それは、どのような人であっても、どのような状況であっても、
自分らしさを形作るアイデンティティとしてとても重要な要素で、
自分の住む場所を自分で決める権利を持っています。

最期は自宅で”と思っていても、いざという時に考えが変わることもあるでしょう。
でも、それこそが人間らしい感情であり、簡単に決められることではありません。

何かがあったときに、施設や病院に行くのは簡単です。
重要なのは住まいの移動が強制されてはならないと言うことなのです。

身体の事だけを考えれば、施設や病院の方が良いこともあるでしょう。
しかし、自宅でできる精一杯のことをやったうえで、
「住み慣れた我が家で最期を迎えたい」という想いも尊重されるべきだと私たちは考えています。

もしもあなたが、そういった選択を迫られる状況になったとしても、
最期まで自宅という選択肢を提示し続けて、
誰もが自由に「選べる」状況を作ることこそが私たちの使命と考えています。